出産

産後の入院生活はコロナ禍で面会NG・眠る暇が無い・心が休まらないでストレスが凄かった

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へにほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
初めての出産で右も左も分からないまま出産し、入院生活中も面会が無かったり、眠れなかったりで色々しんどい事だらけでした。

産後の入院生活は眠れるチャンスだからゆっくり休んで!と友達には言われたけど、全然ゆっくり休む事もできず・・・。

  • 体はしんどい
  • 心もしんどい
  • 夜の病院が怖い

少しでも寝て、とベッドに横になっても実際問題、うとうとくらいしか出来ませんでした。

はなこ
はなこ
ぐっすり眠れたのは退院した夜でした

初めての出産後、病院で全く休めずに身も心もしんどかった、という備忘録がてらの体験談です。

産後の入院中がストレスすぎた

産後の入院生活はコロナ禍で面会NG・眠る暇が無い・心が休まらないでストレスが凄かった

コロナ禍で面会無し

まずなにより、コロナ禍という事で、一切の面会が禁止されていたのがメンタル的にしんどかったです。

立ち会い出産はできたものの、産後すぐに夫は帰宅を促されたので、産後数時間後にはもう独りぼっち。

出産のしんどかった気持ちを家族に話して和らげる事もできず、癒やしグッズを差し入れてもらってリラックスする、という事もできませんでした。

産後の体はバッキバキで、誰かに肩をマッサージして欲しいとすごく思いました。

接する相手は基本的に赤ちゃんと看護師さんのみ。

家族とはLINEや電話でやりとりをする事しかできません。

コロナ禍という事もあり、個室を選択した事もあって本当に孤独でした。

個室だからこそ、他の人の気兼ねなくゆったり過ごせたのは良かったですが・・・。

夜が怖い

そもそもチキンだったので、夜の病院が怖いとずっと感じていました。

消灯後に授乳室まで行くのも怖くて嫌でした。

そして、暗いから怖い、というだけではありません。

夜の看護師さんが忙しいからか?不親切に感じる事がしょっちゅうで、頼りたくても頼れない、というのがしんどくて嫌でした。

母子同室になってから看護師さんに心を折られた話↓

ツラくて頼ろうとしたら頼れなかったので、夜は看護師さんに預けて眠る、という選択が無かったです。

我が子は朝の4時くらいになったら寝てくれるタイプだったので、その時間まで耐えればなんとかなる!

というほとんど気力だけで入院中は乗り切りました。

昼間に休もうとしても・・・

昼間に赤ちゃんが寝てる時に寝て、とは思ったけれど。

午前中は赤ちゃんの検査があったり、私の診察があったり、看護師さんからのお話があったりとなんだかんだやることがありました。

お掃除やゴミ回収も毎日してもらえていたので、その方々の訪問もあったり。

はなこ
はなこ
ね、眠れない・・・

お昼ご飯も気づけば病室に運ばれていた、というのもありました。

意外と入院生活って赤ちゃんのお世話以外にも忙しいんですね。

入院中の息抜き

産後の入院生活はコロナ禍で面会NG・眠る暇が無い・心が休まらないでストレスが凄かった

入院生活はしんどくてストレスばっかり、という事でもありませんでした。

ほんの少しだけ、心の安まる時も。

朝のシャワー

夜の間、眠らない赤ちゃんの相手をして朝を迎えたら、一安心できました。

はなこ
はなこ
何故なら朝4時に寝てくれるから

我が子は不思議と4時になると眠ってくれたので、そこでちょっと気を緩める事ができました。

そして、昼間の看護師さんは赤ちゃんを預かって欲しいとお願いしても嫌な顔をしない方がほとんどだったので、

はなこ
はなこ
これでようやく預けに行ける・・・!

と気持ちが一気に楽になったんですよね。

特に、朝ご飯と昼ご飯の合間に赤ちゃんを預けて、シャワーを浴びられる瞬間が一番の癒やしの時間でした。

ガッチガチのベッタベタになっている体が、温かなシャワーでさっぱり出来て気分転換にもなりました。

ご飯

私が入院した病院は、ご飯が美味しい、というのも有名なところ。

実際、朝昼晩どの時のご飯も美味しかったです。

はなこ
はなこ
晩ご飯には夜食のおやつも付いてる!

私は産後すぐでもしっかりご飯が食べれたので、ご飯の美味しさには癒されました。

マッサージ

入院中、1度だけ簡単なマッサージを受ける事ができました。

産後すぐの睡眠不足&ばっきばきに心が折られた後だったので、正直また嫌な目に会ったら・・・と思うと受けたく無かったです。

でも、実際に受けてみると施術してくれた方が体のしんどい所、心のしんどい事などを色々しっかり聞いてくれて。

「それは本当にしんどかったでしょう。よく頑張りましたね、本当にお疲れ様です」

と労ってくれたのが心に沁みました。

ずっと誰かに言いたくても言えなかったしんどさを聞いてもらえて、体もほぐしてもらえて心も体も少し、軽くなりました。

赤ちゃんの寝顔

しんどかった出産後、眠っている我が子の顔を見ている時は心が癒されました。

夜になるとまた泣いて泣いてずっと起きてなくてはならない、と分かってはいるものの。

静かに眠っている姿を見ると

はなこ
はなこ
また夜も頑張るか!

そう思う事ができました。

たまーに、起きた状態で泣く事もなく静かにいてくれる時は、本当に天使か・・・!と思いました。

夫が面会に来られない分、たくさん写真や動画を撮っては送っていました。

昼過ぎのうたた寝

1日の中で、一番心がホッとした時間はお昼ご飯の後だったと思います。

シャワーも浴びて、ご飯も食べて、赤ちゃんも眠っていて。

ようやく落ち着けた1時間にも満たない時間の中、うたた寝。

夜にも昼前にも中々寝る時間が無い中で、一瞬だけでしたが少しだけでも眠れるその瞬間が最高に心地良かったです。

退院して家に帰ってみたら

出産経験者の友人達からは、病院にいるときが一番ゆっくりできる!

病院で預けられるうちにぐっすり寝た方が良い!

とは言われていたものの、私は預けてもぐっすり眠るという事が出来ませんでした。

神経がずっと高ぶっていたんだと思います。

家に帰って、里帰りしないで自宅で過ごす事を決めているものの、果たして大丈夫だろうか?

と少しは思ったものの。

はなこ
はなこ
よっしゃあ!家に帰れる!

一週間ぶりに感じた外の空気も、ちょうど気持ちよい秋晴れの日だったこともあり、本当にすがすがしかったです。

家に帰れば夫もいるし、通いで来る母にも頼れる。開放感と安心感の方が強かったです。

どんだけ安心したかっていうと、退院したその日の夜から授乳と授乳の間の数時間でもぐっすりしっかり眠れたくらい。

完全に人によるかと思いますが、私はホントに病院生活がストレスだったんだな、と思いました。

産後の夫は我が子の様子を甲斐甲斐しく見てくれています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へにほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ



error: Content is protected !!